読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんの考え事

雑記と体験談+考え事

物を捨てられない人は部屋が綺麗にならない?そんな事は無い

ライフハック

f:id:ponmotokeiei:20170113175403j:plain

どうも!ぽんです!
仕事を辞めさせられて、しばらくはぼーっとして過ごしましたが、心身ともに回復してくると何かしたくなるんですよね。
そこでやり始めたのが「お掃除」です。
お掃除って良いんですよ。

 

 

単純作業をしていると嫌な事も忘れて無心になれるし、部屋がきれいになると達成感があります。
働いている頃は忙しくて、全く掃除をしていませんでした。
そのため、部屋がめちゃくちゃ汚かったのです。
ですので、ブラック労働による心身の疲労が少し抜けてきたくらいから、少しずつお掃除を始めました。
今日はそんな僕の「お掃除上手になった経緯」をお話しします。

元々は「片付けられない人」だった僕


元々、僕は昔から片付けられないタイプでした。
片付けられない人が全員そうだとは言い切れませんが「物を捨てるのが苦手」な事が原因なのでは?と思います。
僕は完全にその原因で片付けれませんでした。
「物にも魂がある」というのは言い過ぎですが、使えるものを捨てるのは心苦しいというか、なんか受け入れがたいところがあるんですよ。
ただ、実際「いつか使う」ってのはずっと使わないし、部屋が汚いと「必要な時に物がどこにあるかわからない」んですよね。
「使うかも知れない物」多すぎて部屋が散らかり「今使うもの」が見つからないってのは本末転倒です。
実際、すぐどこにあるかわからない物以外って、必要な時に使えないんですよね。
で、結局新しい物を買う事になり、同じ物が部屋の中に何個もある…という状況に、、
こういう状況を脱出する良い方法があります!

捨てずに売れば気が楽


「使える物」を捨てる心苦しさを克服することも出来るかも知れませんが、僕は克服しようとせずに別の道を選びました。
それは「売る事」です。
捨てるとなると「もったいない」「思い出があるし」と思ってしまいますが「誰かが使ってくれる」と思うとなんか気持ちが救われます。
嫌さがだいぶ軽減する。
そう感じる人は僕だけじゃないはず。
だから、捨てようとせずに「実際使ってないし、必要としてくれる誰かのところに行ったほうが物も喜ぶな」と考えれば良いのです。
そして、売るために仕分けする作業は楽しいですし“もはや掃除というより仕入れの仕事”と言えます。
「これ、いくらで売れるかな~」とワクワクしてきます。

価格重視か?進度重視か?


そして、売るとなると「高く売りたくなる」と思います。
オークションサイトなど個人間の売買で売れれば高く売れます。
しかし、その方法だととても時間がかかります。
部屋を掃除、断捨離する事が主な目的なので、掃除の進度を重視することが重要です。
高く売ろうとして、売る事に労力をかけすぎると、断捨離が進まなくなってしまいます。
また、なかなか売れないと断捨離をしない事の言い訳が出来てしまい、これも良くないです。

なので僕は、進度を重視しブックオフに売りに行きました。

まず、散らかった部屋を掃除して物たちを綺麗にまとめ、埃や汚れがある物は綺麗にして、ダンボールに詰めて車で店まで運びました。

かなりたくさん物があったので4回くらいに分けて売りに行きました。

出張買取サービスの存在は知っていましたが、ブランド品等が対象だと思っていました。

僕の持ち物は本やゲーム、DVD等が多く、それを一気に売りたかったので、ブックオフの店舗に直接売りに行きました。

でも、ブックオフでも出張買取があるんですね。

 

本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

 


これだと、売ろうとしているものを部屋にまとめておくだけで良いので、捨てるのと殆ど同じ労力でできます。
きれいにしておいた方が高く売れるので、それはしておいた方が良いですが。
また、もしも価値がつかなかった物も引き取ってくれたり、無料での引き取りが嫌だったら返してくれるるところもうれしいですね。



僕は、店舗に売りに行ったので、日数や移動時間がかかってしまいましたが、4回ほどに分けて少しずつ売っていった結果25,000円くらい稼げました!
地味ですが、これが結構うれしいもんなんですよね。

 

ただ、大量のダンボールを車に詰んだり、車から店舗レジに売る物を運んだり(店舗で台車を貸してくれます)の労力や、車のガソリン代もかかったので、出張買取してもらった方がお得だと思います。


でも、逆に店舗に行って良いこともありました。

3回目に売りに行った時に、1回目に僕が売った商品が売り場に並んでいるのを見つけたのです。

それを見て「家でほこり被っているより、この方が良いよなぁ」と思いました。
家にある“資源”を必要としてくれる人に、って素敵な事だと思います。
そして、部屋からは使わないものがすっかり無くなり、とてもきれいになりました。

そうすると

 

①自分が使っている物ってすごく少ない事

②部屋がめちゃめちゃ広い事

 

に気付きます。

「使ってない物」を手放す事で、必要なものを「あれがない、これがない」って探している「時間」や住んでいる部屋の「スペース」という高い価値を手に入れる事が出来ました。

まとめ


1.断捨離は捨てずに売る
2.売るときは価格よりスピード重視
3.物は資源であり必要とする人の元にあった方が良い

 

なかなか断捨離できず、部屋をきれいにできない人も「思い入れのある物だからこそ、その物が活きるように」と考えると少し気持ちが変わってくるかも知れません。

 

では、今日はこのへんで!

 

ぽん