読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんの考え事

雑記と体験談+考え事

起業して初めてわかった物件選びの大切さの話

ライフハック

f:id:ponmotokeiei:20161230191141j:plain

どうも!元取締役30代無職のぽんです!
今日から数回にわたって、起業して店舗を開業してみて、初めてわかった事を書きたいと思います!
起業なんかしねーよ!という方も良ければ読んでみて下さい!

第1回は、このテーマです!

 

店舗経営は物件選びが9割

飲食や物販を始め、あらゆる店舗の経営で、上手く行くかどうかは、殆ど始めの物件選びで決まります。
商品やサービスが物凄く良くても、家賃が高すぎると採算が取れなくなります。
家賃は人件費と並んで、最大の固定費だからです。

人件費は、初めは少なめに雇って忙しければ足していく事も出来ますが、家賃はそうはいきません。

固定費が膨らみ過ぎると、高い売り上げを必要とし、多くの人に店の存在を知ってもらう前に、経営が破綻してしまうのです。

有名チェーン店の場合は、知名度が元々ありますが、そうでない場合、まずは店の存在を多くの人に知って貰わなければ、顧客になって貰えません。
かなりの資金力が無いと、経営が軌道に乗るまでの期間、高い家賃を払い続けられません。
よって、駅前などの家賃が高いエリアは、資金力があったり、知名度があり集客しやすい有名チェーン店ばかりになってしまいます。

無名の個人経営店舗が、主要な駅の駅前物件を賃貸して、経営をするのは至難の技です。
特に地価の高いエリアだと、有名チェーン店でも普通に1年もたずに潰れたりします。
地価が高いエリアほど、駅前の店舗の入れ替わりが激しいですよね。

なので、店舗開業は「徹底した物件探し」が重要です。
駅前だと家賃が高いし、逆にあまり駅から遠いと家賃は安いですが、通行人がいなくなります。
脱サラ店舗開業を目指している人は、会社を辞める前に、休日を利用して物件探しをすると良いです。
僕は、会社を辞める直前くらいから探し始めたので、もっと早めから探し始めた方が、地域によっての家賃相場がもっとわかったかも知れません。

「開業を決めてから物件を探す」

のではなく

「良い物件があるから開業する」

というくらいの方が失敗が少ないかも知れません。

僕の場合は、駅近の物件にこだわりすぎて、家賃が高くなり経営を苦しくしました。
やっぱり、店舗経営は少しずつ知名度が上がって来るので、ある程度の期間、お客さんがあまり来なくても耐えられるような家賃にしないと、苦しくなります。
いきなり、爆発的な来客を期待して、高い家賃の物件を選んでしまうと、やばいことになります。

家選びも同じ事が言える

店舗経営において、家賃は最大の固定費ですが、家計においても家賃は最大の固定費です。
ローンを組んで家を買った場合も同じように毎月の出費があります。
家計が苦しい人は、自分の収入に対して、家賃やローンが高すぎるのかも知れません。
家計においては「給料」「売り上げ」になりますね。
固定費が高くなると、たくさんの「給料」が必要になります。

生活の場となる家は、どうしても好みで選びたくなりますが、冷静に数字で考えて決めた方が失敗がありません。
リストラサラリーマンを追い込んでしまうのも、家のローンです。
ローンを組んで家を買ったりせず、賃貸の家に住んでいれば、リストラされても、次の仕事の給料に見合った家に住み替えれば良いのです。
死ぬほどの絶望感は無いと思います。

例えば、店舗を運営する為に、物件を買い取る企業は、少ないと思います。
経営が破綻したら、撤退出来ないと困りますからね!
先に借金して物件を買い取ったりはしないのです。

サラリーマンがローン35年で家を買うのは、それをやっちゃってるのと同じです。
そう考えると、危険ですね!
盤石な「売り上げ」=「給料」が求められます。
ローンを組んで家を買うか、迷っている人は、そこをポイントに考えてみて下さい!
家庭も1つの会社みたいなもんですからね!
では、今日はこの辺で!


ぽん