読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんの考え事

雑記と体験談+考え事

大学4年生の秋に内定取り消しを食らった話

ライフハック

f:id:ponmotokeiei:20161221154401j:plain

 

どうも!ぽんです!
もう10年くらい前になりますが、僕も大学生として就活してました。
寒いのに、リクルートスーツ着て、本当しんどいですよね。
それで、受けても、受けても、落ちていると
「自分って、なんなんだろ‥」
って、思ってしまいますよね。

 

 

僕は、ちょうど4年生の夏くらいに、内定を頂き、その会社で資格の勉強をしていました。
週2回ほど、大学の授業の後に会社に通って、資格の勉強し始めて2ヶ月ほど経過し、すっかり季節も秋になりました。
そんな時に
「会社の経営が良い状態じゃないから、今年の新卒採用を断念しようと思います」
って、急に言われました。
そう、内定取消しってヤツです。
もう、その会社に決めて、就活も辞めて、資格の勉強をしている中での急な内定取消し。
目の前が真っ白になりましたね。
もう大学4年生の秋も深まってきた頃
「このタイミングで0からスタート!?」
って、心底焦りました。
リクナビとかを見ても、応募を閉め切った企業も多く、残った企業に片っ端から面接を申し込みました。
しかし、焦って物事を行っても、上手くいかないものです。
そこから、10社ほど落ちました
結構、メンタルヤバかったです。
「もう、自分の人生終わりかな‥」
なんて、本気で思ったりしました。
1社落ちるたびに、存在を否定されている様な気分になり、いくらやっても、もうどこも受からないんじゃないか、と思ってしまいました。
面接官に、キツイ事を言われて、本当に落ち込んだ日は、帰りの電車のホームで
「線路に飛び込んだら、どうなるのかなー‥」
とか、一瞬考えてしまいました。
もちろん、実行には移しませんでしたが。
そんな時、就職課の職員さんに相談したら


「就活は相性だから、ダメな時もあるけど、必ず君に合った企業がある」
「無理に飾ったりせず、自分の出来る範囲でベストを尽くして」

と、アドバイスしてもらい、凄く精神的に救われたし、次の面接への原動力になりました。
月並みな言葉でも、精神的にダメージを受けている時に聞くと、凄く「効き」ます!
それ以前に、悩みを誰かに話す事が良いのでしょうね。
だから、就活が苦しいあなたも、仕事や人間関係が苦しいあなたも、誰かに相談すると良いと思います。
その際には、知人でも良いのですが、知人に話しにくい場合は「公的な相談機関」に頼ると良いと思います。
学生なら、就職課がありますし、学生じゃないならハローワークとか。
その他にも、民間企業でも、就職支援をしてくれますよね。
そういう所で、相談出来る機関があれば、どんどん自分の心情を話した方が良いです!
「もう、自分はどこにも就職できないかも知れない」
なんて事は、心が落ち込んでいる時の「妄想」に過ぎず、事実ではありません。
誰かに相談すると、その妄想を取り除いて貰えたり、嫌な気分が和らぐと思います。
また、無理に就職しなくても、フリーランスで生きていく道もあります。

就職出来ない=人生終わり

なんて事は、絶対に無いので、一時的な気持ちの落ち込みで、取り返しのつかない事をしないようにして下さい!

その後、僕は就職する事になる会社と出会い、ついに内定をゲットします。
上手く行くときは、実にスムーズなものです。
今までの苦労は何だったの?と。
就活も、結局は「需要と供給のバランス」があります。
人気企業には人が集まり、履歴書さえもろくに見られずに落とされてしまったり。
もう大体、良い人材は確保出来ていて「消化試合」的に面接してくる企業もあります。
そして、そういう企業ばかりに偶然ぶつかると「手応え無く続く不採用」という感じで、受ける側は消耗します。
逆に、募集していても、なかなか就活生が面接に来てくれない企業も存在します。
そういう所で面接すると、意外とアッサリ受かってしまう事もあります。
だから、そもそも、相手(企業)の事はよくわからないのだから、可能な範囲の企業研究をして、面接も出来る限り頑張ったら、落ちても、何も気にしなければ良いと思います。
そして、みんなが行きたい、大手企業に入社する事が、必ずしも幸せとは限らない様です。
超の付くほどの大企業でも、経営が傾けば、大規模なリストラがあるかも知れません。
中小企業や、むしろフリーランスでも本当に力のある人材は、社会で活躍出来ます。
結局「社会人として需要がある存在」にならなければいけない、と言う事ですね。

大企業でも、中小企業でも、フリーランスでも、働き始めてからが勝負です。
就活が上手く行かなくて、落ち込む必要はありません。

そして、僕は働き始めてから、色々頑張るのですが、それはまた別の話で!
最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
またチェックしに来てください!

 

ぽん